ロシア語のアルファベット

ロシア語を学習するにあたって一番最初に覚えなければならないのが、ロシア語のアルファベットです。

キリル文字と言われる33文字のアルファベットを覚えることからロシア語学習は始まります。

覚えるといっても、いきなり33文字のキリル文字を覚えるのは難しいですから、まずは33文字のキリル文字の「音」を頭に残すことから始めましょう。

ステップ1:キリル文字の「音」を頭に残す

 

 

上記の動画は、ロシア語のアルファベットの歌の動画なのですが、日本人には耳馴染みのあるメロディーですので、そのメロディーに乗った「音」を聴く分にはストレスなく聴けるはずです。

まずは、キリル文字33個のロシア語の音を頭に残すことから始めましょう。

音を頭に残すというのは非常に簡単なことではありますが、実は、後々、キリル文字を覚える時にこのロシア語の音のおかげで楽に覚えることが出来るようになります。

頭や耳に音が残ることで、次からのステップがスムーズに進みます。

ステップ2:キリル文字を発音してみよう

 

正確な発音なんてどうでもいいので、まずは、キリル文字を発音してみましょう。

発音というと小難しく感じてしまうので、真似して口ずさんでみよう!くらいの感覚がちょうどいいかもしれません。

ロシア語のアルファベットの歌の動画には、きちんとカタカナで表記されていますので、その表記に合わせて口ずさむことが出来れば上出来です。

ステップ3:キリル文字のブロック体を眺めよう

 

ロシア語のアルファベットの歌で何となくの発音が分かったところで、次は、33文字のキリル文字のブロック体を眺めていきましょう。

ロシア語のアルファベットには、英語のアルファベットと同じように「ブロック体」と「筆記体」があります。

英語の場合は、ブロック体のみ覚えれば済みますが、ロシア語の場合は、ブロック体と筆記体の両方を覚える必要があります。

まずは、ブロック体を覚え次に筆記体を覚えていくわけですが、33文字のキリル文字を覚えようとしても、なかなか覚えられるものではありません。

そこで、まずは33文字のキリル文字のブロック体を眺めることから始めましょう。

33文字のキリル文字のブロック体

 

Аа Бб Вв Гг Дд Ее Ёё Жж Зз Ии Йй Кк Лл Мм Нн Оо Пп Рр Сс Тт Уу Фф Хх Цц Чч Шш Щщ Ъъ Ыы Ьь Ээ Юю Яя

左側のキリル文字が大文字で右側のキリル文字が小文字です。

英語のアルファベットに似ている部分もありますが、読み方が違うケースが多いので、英語とは全く別の文字であるという認識が必要になります。

先ほどもお伝えしたようにロシア語のアルファベットは、ブロック体を覚えることからはじめ次に筆記体を覚える必要が出てきます。

なので、どうしても筆記体も合わせて同時に一気に覚えようとしてしまいがちですが、まずは、上記のブロック体をきちんと目に焼き付け、見慣れてください。

ちなみに世代がバレてしまいますが、「ギャル文字」を使っていたor使われたことがある人にとっては、馴染みのあるキリル文字もあるのではないでしょうか?

あるいは、「顔文字」なんかにもキリル文字がよく使われます。

英語のアルファベットと比較し、ロシア語のキリル文字を覚えなきゃ!って思うと、なかなか大変な部分がありますが、このような「ギャル文字」とか「顔文字」に使われてたなーって感覚で眺めていると、あっさりと覚えられたりします。

ステップ3:キリル文字の読み方を覚えよう

 

Аа (アー)

Бб (ベー)

Вв (ヴェー)

Гг (ゲー)

Дд (デー)

Ее (ィエー)

Ёё (ィヨー)

Жж (ジェー)

Зз (ゼー)

Ии (イー)

Йй (イ・クラートカヤ)

Кк (カー)

Лл (エル)

Мм (エム)

Нн (エヌ)

Оо (オー)

Пп (ペー)

Рр (エル)

Сс (エス)

Тт (テー)

Уу (ウー)

Фф (エフ)

Хх (ハー)

Цц (ツェー)

Чч (チェー)

Шш (シャー)

Щщ (シシャー)

Ъъ(トゥヴョールドゥイ・ズナーク)

Ыы (ゥイ)

Ьь (ミャーフキー・ズナーク)

Ээ (エー)

Юю (ユー)

Яя (ヤー)

上記のロシア語のキリル文字を眺めたり、ステップ1で紹介したロシア語のアルファベットの歌を何度も繰り返し聴くことで、ロシア語のキリル文字の読み方は覚えられます。

次のステップで筆記体について触れますが、筆記体は、急にややこしくなりますので、必ず、ブロック体と読み方を覚えてから、次のステップに進みましょう。

ステップ4:キリル文字の筆記体を覚えよう

 

 

英語で筆記体を習わずに育ってきた世代にとっては、キリル文字の筆記体は見慣れない文字になります。

人によって筆記体の書き方が異なるようですが、上記の動画通りに覚えれば、筆記体を習得することができます。

覚え方に関しては、何度も繰り返し見て覚えた後に「実際に書く」のがベストです。

最初から書いて覚えようとする人は多いですが、最初から書いて覚えようとするとどうしても時間がかかってしまいますので、まずは見て覚えてください。

見て覚えた後に、実際に書いて覚えなおすことで、効率よく記憶出来ます。

ステップ5:ロシア語の発音を覚えよう

 

キリル文字の読み方とロシア語としての発音は違います。

先ほど覚えて頂いたキリル文字の読み方は、あくまでもキリル文字の読み方です。

いくつかのサイトでは、キリル文字の読み方とロシア語の発音が同じであると書かれていますが、実際のネイティブの発音をよーく聞くと、若干の違いがあります。

ネイティブにより近いロシア語の発音は、以下の発音ですので、以下の発音もきちんと覚え実際に声に出して発音していきましょう。

ロシア語は日本人にとって発音が難しいと言われていますので、最後まで気を抜かずにロシア語のアルファベットをマスターしてください。

それでは、ロシア語の発音を見ていきましょう。

Аа (ア)

Бб (ブッ)

Вв (ヴァッ)

Гг (ゲッ)

Дд (ッデ)

Ее (イェ)

Ёё (ヨァ)

Жж (ジェ)

Зз (ズ)

Ии (イー)

Йй (ィ)

Кк (クッ)

Лл (ゥル)

Мм (ム)

Нн (エンヌ)

Оо (オー)

Пп (プッ)

Рр (ェルル)

Сс (ス)

Тт (テー)

Уу (オウ)

Фф (エフ)

Хх (ッフア)

Цц (ツ)

Чч (チュッ)

Шш (シュ)

Щщ (シィ)

Ъъ(無音)

Ыы (ウー)

Ьь (無音)

Ээ (エー)

Юю (ユ)

Яя (ヤー)

上記のロシア語の発音をしっかりとマスターすれば、ロシア語のアルファベット33文字に関して言えば、ネイティブに近い発音を習得したことになります。

英語にも言えることですが、ロシア語のアルファベットを正しく発音できるかできないかは、今後のロシア語学習においての成長具合を左右します。

日本人にとって発音が難しいロシア語だからこそ、一番最初のアルファベットの段階でしっかりと正しい発音を習得するようにしましょう。

まとめ

 

ロシア語のアルファベットは基礎中の基礎であり、一番大事な部分です。

まずは、しっかりとロシア語のアルファベット33文字を覚え、正しい発音が出来るように繰り返し発音練習をしていきましょう。

ロシア語のアルファベットの記事は、他にも執筆してありますので、そちらの記事も参考にしながら、是非、ロシア語学習を加速させましょう。